売却額アップの為に大事な車のマット部分の掃除

売却額アップの為に大事な車のマット部分の掃除

日常生活では、掃除はとても大事です。やはり居住空間というのは、快適であるに越した事はありませんね。なるべく細かく掃除を行うべきですが、時には大掃除も行うべきでしょう。多くの方々は、年末には大掃除をしているかと思います。

 

ところで、車買取でもそれは大事なのです。車の査定の基準の1つに、臭いがあります。臭いは、かなり重要度が高いですね。車の中にちょっと悪い臭いが立ちこめているとなると、査定額は大幅ダウンをしてしまうからです。

 

臭いを防止する為には、やはり掃除が大事だと思います。定期的に掃除を行っておけば、臭いはある程度防止できるものです。大掃除の時には、特に念入りに清掃してあげるべきでしょう。

 

ではどの辺りの掃除を行っておくべきかというと、例えばマット部分ですね。自動車のフロアマットというのは、とてもホコリが溜まりやすいです。それは査定金額にも響いてしまいますので、マットの掃除がほぼ必須だと思います。

 

またマットには、カビも生えやすいと言われています。車の査定基準の1つは、カビの有無ですね。それが生えているとなると、やはり売却時には減点を確保しなければなりません。しかし普段の掃除1つで、カビは防止できるものです。ですのでマットは、細かく掃除をするべきですね。

 

ただあまり細かく掃除をするのも、ちょっと大変だと思います。一応1つの基準としては、2ヶ月や3ヶ月に1回程度が丁度良いという意見があります。そればかりは人によって基準が色々ですので、自分の都合に合わせて細かく掃除をすると良いでしょう。

 

もちろんマット部分だけでなく、座席やシートベルトなども細かく掃除を行うべきですね。特に座席などは頻度多く使いますので、汚れも付きやすくなります。
それらの箇所の掃除をどれだけ細かく行うかにより、売却時の金額も大きく変わってくるでしょう。一説によると査定士は、「オーナーが大事に使っていた車」を高く評価しやすいと言われています。普段から車を大事に掃除してあげれば、売却時にも高い金額がつくと思います。